Skylake世代搭載PCなら予算15万円~

Core 2 QuadのPCを最新のSkylake搭載のPCに更新した訳だが、その際に新しいM/B用のドライバを入れたところ、何故かRealtekのオーディオドライバがコード10で開始出来ない現象が発生。因みに使ってるM/BはGA-Z170X-UD5 THな。ときどきPCが不調を訴えることがあるから、skylakeのマシンを欲しい構成で見積もってみたら、税込みでも15万くらいか。買ってしまいかねないな。思いっきりSkylakeの話だった。Skylakeってどんなもんなんだろ。性能がそこまで変わりないのなら5世代くらいのナニカでもいい気がする。RAM流用できそうだし。SkylakeとはいえどIntelのGPUで4K出力って性能的に不安があるんだけど。

CPUはSkylakeで久しぶりに性能向上があった。それよりもストレージ、NVMeという新規格が生まれたことでとんでもなく性能向上しています。なにせPCの処理の待時間のほとんどはストレージなので、そこは考慮すべき。日本はSSD、 RAM構成が選べないから無しだ。結局SkylakeのMBP辺りを選んでしまうのがオチだな。UbuntuでSkylakeのラボマシン動かそうとしてたけど、インストールから全くダメだった。それに比べてFedoraは最高だった、全部乗り換えても良い。Haswellまだまだ頑張れそう。skylakeには負けないぞ。Kでも960だった。4Kだけならオンボードでも動く。Skylake世代。Skylakeをスカイレイクと読めない勢。某ファミレスチェーンが先に頭に浮かぶ。